http://ping.blogmura.com/xmlrpc/7n72yqypdlk7

一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半4 雨のアムステルダムとその近郊

ファーストクラスの旅って言いながら、ブルージュからは列車でアムステルダムへ向かい、1時間40分ほどの列車旅でした。

f:id:forqualitylife8:20180620150925j:plain

旅先でこんなに雨ばかりの日が続くのは、めったにないことでした。

曇りがちなパリも、後で行くロンドンも、全部信じられないような大晴天だったなのに、今回のアムステルダムの3泊4日の間は、ヨーロッパの雨が全部集中してきたような感じで、毎日雨でした。

f:id:forqualitylife8:20180620153335j:plain

 

一.ヒルトン『なんちゃってダイヤモンド』に大感謝

数か月だけでも、陸マイラーをやってよかったと痛感したのは今回のホテル会員権の利用法と思います。

f:id:forqualitylife8:20180620151739j:plain

ヒルトンHオーナーズ』のゴールドはあるが、ヒルトンの場合はマリオット系と違ってラウンジアクセス権はありません。

ヨーロッパではラウンジの利用価値が大きいので、今回はブログ情報で3,800円の『ヒルトンダイヤモンド権』を落札しました。

アムステルダム中央駅のDouble Tree by Hilton で早速その威力を発揮しました。

 

その『なんちゃってダイヤモンド』で、ちゃんと運河を一望できるExecutive Loungeと朝食が付きました。

f:id:forqualitylife8:20180620151657j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620151848j:plain

 

 

このホテルを決めた一番の理由は完璧な立地です。中央駅から徒歩3分のウォータフロント沿いにあり、ダム広場を起点に、市内観光スポットのどこへ行っても便利です。

f:id:forqualitylife8:20180620153530j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620153217j:plain

 


ホテルの目の前にはヨーロッパ一巨大な水上中華レストラン、ここの飲茶はかなり豪華でおいしい

f:id:forqualitylife8:20180620154711j:plain

 


アムステルダムの美しい運河クルーズはたとえ雨でも、決行してしまう

f:id:forqualitylife8:20180620153306j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620154116j:plain

 

 

晴れているなら水辺の風景のあるここの街歩きはどんなに素敵だろう

f:id:forqualitylife8:20180620154708j:plain

f:id:forqualitylife8:20180620154317j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620154350j:plain

 

飾り窓で有名な夜のスポットも道路を渡ってすぐ

f:id:forqualitylife8:20180620155317j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620155319j:plain


今回はこのホテルにして大正解と思います。お部屋そのものは別にして......(笑)。

特によかったのは、ここの丁寧かつスマートなサービスです。

朝食は1階にある別のレストランを丸ごと貸切ってホテルの朝食会場にし、メニューも普通のマリオットレベル!

ラウンジにあるヨーロッパ風の駄菓子コーナーは遊びがあって楽しかった!

出発の日は朝早く、コーヒーだけ飲む予定だったが、焼き立てのクロワッサンやオレンジなどたくさん入った朝食パックを用意していただきました。

f:id:forqualitylife8:20180620155903j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620151707j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620155852j:plain



 

二.2度目のキューケンホフ公園は雨の中

数年前に初めて来た時の感動が忘れられなくて、今回もキューケンホフを楽しみにしていました。

f:id:forqualitylife8:20180620160947j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620161029j:plain


とても素敵な園内ですが、お花も新緑もみずみずしくて......でも、やはり晴れの日がいいな......

f:id:forqualitylife8:20180620161134j:plain

 

園内は盛りだくさんのチューリップも美しいが、丘と池のランドスケープが特に素晴らしい

f:id:forqualitylife8:20180620161326j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620161324j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620161323j:plain


雨の日のサービスかな、切り花を自由に持って帰れるコーナーがあり

f:id:forqualitylife8:20180620161337j:plain

 

雨足がどんどん強くなり、雨にも負けず、事前に予約したサイクリングを敢行

f:id:forqualitylife8:20180620161909j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620161340j:plain

 

あいにくのお天気でしたが、2度目のキューケンホフを頑張って楽しみました。

f:id:forqualitylife8:20180620161347j:plain

 


三、またも雨中のDutch countrysideツアー

オランダには色とりどりの可愛らしいビレッジがたくさんあります。
とてもかわいい緑のハーモニーのようなザーンセ・スカンス村へのツアーも楽しみでした。

f:id:forqualitylife8:20180620164254j:plain

 

ザーンセ・スカンスはアムステルダムから電車でも30分位で行けるようで、運河沿いに並ぶ緑色に塗られた家々は、今も人々が住む保存地区になっていて、牧歌的な生活はまるで童話の世界

f:id:forqualitylife8:20180620163752j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620163746j:plain

 

フランスやイタリアの山間や崖沿いの美しい山村と違って、オランダのダッチカントリーは平原と運河に囲まれた水と緑の美しい風景

f:id:forqualitylife8:20180620163718j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620163629j:plain

 

 オランダの北部ではさらに牧歌風情たっぷりの村Giethoomがあるが、いつかゆっくり訪ねてみたい

f:id:forqualitylife8:20180620165857j:plain

 

村には自慢の風車群もあるが、数年前にキンデルダイクの風車群でいっぱい見たので、今回は雨もあり近くまで行くことをやめた

f:id:forqualitylife8:20180620170038j:plain

 

雨中のアウトドア観光には限界があり、インドアの木靴工房へ見学したり

f:id:forqualitylife8:20180620170336j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620170236j:plain


チーズ工房をはしごしたりして楽しかった。オランダのチーズはやはりおいしい、スナックで食べたとろけるチーズのかかった暖かいナチョスはまさに絶品!

f:id:forqualitylife8:20180620170736j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620170724j:plain
f:id:forqualitylife8:20180620170626j:plain

 

現地発のツアーへは結構良心的で、最後に漁港フォーレンダムからフェリーに乗り、小さな港町マルケンまで連れてくれました。

この時期のオランダが初冬のように寒くて、カラフルな建物がたくさんあるかわいい港町ですが、雨と風で結局ほとんどこのカフェで海を眺めていました。

f:id:forqualitylife8:20180620171509j:plain

 

今度は晴れの時に来ます!

f:id:forqualitylife8:20180620172142j:plain

 

 

 

久々のポイント活動! 初LINEルートです。

1.自己史上最高のポイントが入った!

昨年11月に利用したネスカフェの大変高額な案件の続き....

半年間にわたり、幾度もの紆余曲折を経て、ようやくポイントの承認をもらいました。ポイントタウンの価値は20pt=1円。32,000円相当です。

 

f:id:forqualitylife8:20180614165617j:plain

 

2.「ソラチカルート」廃止後の交換作業

ソラチラルートの閉鎖に伴い、陸マイル的なことも休止になってはや3か月位経ったが、ネットで調べた『LINEルート』で交換を試すことになりました。

あった!『LINE ポイント』の選択項目!

試しにまず20,000ptを交換しました。

 

f:id:forqualitylife8:20180614170258j:plain

 

3.LINE口座の復活

LINEはあまり好きではない!必要のない機能ばかりで、開ける度に赤い点々がたくさんあり、催促されたようで落ち着かないです。

ほぼ開店休業状態のLINE口座を復活し、『ウォレット』の中に、『LINEポイント』があった!

前日の夜にポイントタウンで移行した20,000ptがちゃんと1,000LINEポイントに変わりました。

f:id:forqualitylife8:20180614170918j:plain

 

4.『LINEポイント』から『メトロポイント』へ。交換率は0.9!

LINEポイントの『使う』というメニューにおなじみの『メトロポイント』項目がありました。

 

f:id:forqualitylife8:20180614171906j:plain

 

交換単位は三つのみです。

1000LINEポイントがあり、三番目にある900メトロポイントへ交換。

 

f:id:forqualitylife8:20180614172304j:plain

 

 5.初LINEルート利用の感想

ソラチカルート同様、メトロポイントの口座に反映されるまでは約数週間かかるが、交換作業は便利で、LINEポイントに反映まで1日位で、むしろ速いほうです。

肝心な交換率は81%です!

ポイントサイト 20000pt(20pt/1円)=1000ポイントサイトpt

1000pt⇒1000LINEpt⇒900メトロpt⇒810ANAマイル 

 

f:id:forqualitylife8:20180614173138j:plain

 

問題は交換単位はとても小さく、一回最大1000ptしかできない!

 

f:id:forqualitylife8:20180614174119p:plain

 

今回のようなケースで、ポイントタウンでは640,000ptがある場合、合計32回交換操作をしたいといけません。(今日は21回でひとまず休憩(笑)

f:id:forqualitylife8:20180614174147p:plain

 

最後に、LINEのほうでも、同じく32回の作業があり、頑張ります!(爆)

 

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半3 鉄道の旅でブルージュへ

ヨーロッパ内でよほど長距離移動でなければ、都市と都市の中心部で直接つながっている鉄道の旅がとても便利です。

昔から豪華列車のオリエント急行のイメージは強いが、この10年位、古い鉄道の駅も近代化に改装され、エレベーターが日本の古い駅よりよく整備されたところも多くなりました。

f:id:forqualitylife8:20180601220510j:plain

 

一、”早・楽・安”の鉄道の旅

今回は年に2ヵ月位しか開園しないオランダのキューケンホフ公園へ行くため、パリ北駅発のTHALYSでアムステルダムへ向うが、途中ベルギーの首都ブリッセル(MIDI)で一度乗換があり、せっかくなので、中世の街並みが素敵なブルージュへ寄る旅程を組みました。

途中下車が簡単にできるのも鉄道旅の醍醐味でしょう。

切符は南仏旅行の時使いなれたSNCFサイトで購入し、ユーロ使用の国ならどこで買っても料金は変わらないようです。

乗車券はEチケット(自分で印刷)、自宅郵送、現地窓口受取ができ、一部の区間は郵送のみなようで、ネット予約後、3、4日位でこのような国際郵便が届きました。

f:id:forqualitylife8:20180605225416j:plain

 

しかし、パリ~アムステルダム間のTHALYSはイタリア国内と違って

⚫ホームのラウンジは1等では使えず、利用はpremium classとTHALYS goldのみ

⚫車両はイタリア国内より古いものが多く、車内では食事のサービスがない

⚫ブリッセル(MIDI)~ブルージュ間は大混雑、この区間だけでも座席指定制の1等車両が良い

f:id:forqualitylife8:20180601224420j:plain
f:id:forqualitylife8:20180601224422j:plain

 

二.ブルージュはまるで屋根のない中世美術館

1.ゆっくり見たかった!この景色

数年前パリ発の日帰りツアーで一度きたことはありますが、とにかく時間に追われ、いつかゆっくり来たいなとずっと思っていました。

思う存分に見たかった!!ベギン会修道院のこの庭!

f:id:forqualitylife8:20180605225651p:plain

  

現在はベネディクト派の修道院となっている

f:id:forqualitylife8:20180605230850j:plain
f:id:forqualitylife8:20180605230120p:plain

 

2.古都の運河でゆっくり歴史を感じ

 まるで俳優のようなキャプテンと巡る運河クルーズ

f:id:forqualitylife8:20180601233936j:plain
f:id:forqualitylife8:20180605232855j:plain

f:id:forqualitylife8:20180606000500p:plain

f:id:forqualitylife8:20180605232930j:plain
f:id:forqualitylife8:20180605231725j:plain

 

 

3.まさに屋根のない美術館のような素敵な街

街のエントランス

f:id:forqualitylife8:20180605232939j:plain

 

夜8時ごろ、夕日が現れた! 

f:id:forqualitylife8:20180605234014j:plain

f:id:forqualitylife8:20180605233815j:plain
f:id:forqualitylife8:20180605234006j:plain


団体客が引いてからの静かな街、貸切の遊園地状態

f:id:forqualitylife8:20180605234047j:plain
f:id:forqualitylife8:20180605234027j:plain
f:id:forqualitylife8:20180605234408j:plain
f:id:forqualitylife8:20180605230905j:plain

 

ベルギーの美食とチョコレートも有名なので、センスの良いショップ巡りも楽しい

f:id:forqualitylife8:20180605234624j:plain
f:id:forqualitylife8:20180605234754j:plain

 

ここは地元の若者に大人気なワッフル屋さん、チョコのトッピングをかけ放題...

f:id:forqualitylife8:20180605234654j:plain

 

4.サロン風のロビーラウンジのあるブルージュのホテル

今回は旧市街中心のブルグ広場隣にあるGrand Hotel Casselberghで一泊することにしました。

向かい側のCrowne Plazaと迷っていたが、サロンのようなロビーラウンジの写真に惹かれここにしました。このようなサロンは何部屋もあります。

f:id:forqualitylife8:20180601230549j:plain
f:id:forqualitylife8:20180601230828j:plain

 

共用部にある女子化粧室だってこんなに優雅、

f:id:forqualitylife8:20180601230746j:plain
f:id:forqualitylife8:20180601230751j:plain


お部屋も広くて快適。特に水回りはリニューアルされ、バス・シャワーが別々になっていて使いやすいです。

ブルージュの旧市街はそれほど広くはないので、ディズニーシーの園内ホテルのように便利です。旧市街から駅まで徒歩では15分位ですが、石畳の道で荷物があるとタクシーが便利です。チップ込で10ユーロ位です。

 

 朝、静かな広場でゆっくり散策

f:id:forqualitylife8:20180606001504j:plain

 

出発前、ホテル周辺をもう一周‼️この景色を目に焼きつけたい......

f:id:forqualitylife8:20180605235743j:plain



 

 

 

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半2 盛りだくさんのパリ

パリに来たら、いつも時間が足りないと感じます。

ロンドンまでは、諸事情により列車移動&二人旅となりました。(笑)

たくさんの定番スポットを廻りたい、久しぶりの美術館であの名画をみたい、普通でありながらも魅力的な公園やセーヌ川沿いで散歩をしたい、さらにあれこれの美食も試したい....パリでやりたいことはいっぱいです!

今回は毎日大好天に恵まれ、パリでの時間はいっそう濃密になりました。

f:id:forqualitylife8:20180529220701j:plain

 

一、並ばないルーブル美術館に朝、晩2回入場

昼の予約があるので、空いていれば入ろうと思って、朝食後オペラ座のホテルからぶらぶらしながら9時半頃ルーブル美術館に着きました。

f:id:forqualitylife8:20180530081719j:plain
f:id:forqualitylife8:20180530081646j:plain

 

地下ホールのチケット売り場では自動券売機がたくさんあり、全く並ばず即入場できました。(いままでは知らなくて、高いskip line券ばかりだったが.......)

名画も、彫刻像も、広々とした館内で好きなペースで鑑賞することができました。

f:id:forqualitylife8:20180529222502j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529222503j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529222710j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529222731j:plain

 

時間関係で朝はピックアップした作品しか拝見できなかったが、7時頃帰りのBatobusのルーブルストップで降りたら、まだ開いているようで、聞いてみたらなんと当日のチケットは再入場ができます

ルーブルではいつも時間に追われていたが、今回はゆっくりシュリー翼とリシュリュウ翼側の2階から入り、超大作のナポレオンの戴冠式や好きなルーベンスの作品、思う存分に鑑賞できました。

f:id:forqualitylife8:20180529225254j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529225002j:plain

 

二、バリではやはりミシュラン

本当はプランタンに入っているLadurée(ラデュレ)のランチへ行きたいですが、諸事情で結局Joei Robuchonランチにしました。

ちなみに、プランタン6階にある素敵なガラス天井のホールは全部レストランになりました。

f:id:forqualitylife8:20180529230610j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529230659j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529230718j:plain

 

簡単に済ませたくて、凱旋門のカジュアル1つ星を日本から予約入れておきました。

パリでは珍しく大晴天で、ルーブルからUberシャンゼリゼの途中まで行き、そこから凱旋門へ向かって歩き、解放感がいっぱいで、気持ちよかったです。

f:id:forqualitylife8:20180529231844j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529232049j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529232052j:plain

 

カウンター席のみの1つ星ということで、よく東京マンダリンオリエンタルにある「タパス モラキュラーバー」と比較されますが、地下にあるここの店内は広く、超モダンなインテリアですが、お料理の創意工夫とサービスのレベルは断然「タパス」が上です。

f:id:forqualitylife8:20180529233255j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529232751j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529232753j:plain

 

日本の食レベルは高すぎたかもしれませんが、ランチコースは普通に美味しいですが、感動的なものではありませんでした。

f:id:forqualitylife8:20180529233924j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529233917j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529233920j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529233931j:plain

 

三、旅先での安全

今回のパリで何度か通った場所に、数週間後また銃により事件が発生したようで、ヨーロッパ旅行は楽しいが、近年テロ事件をはじめて、旅先での用心はいっそう気を使わないといけません。

しかし、モンマルトルへ行く電車で夫が早速スリに遭った!

車両の奥はたいして混んでいないが、乗った瞬間入口にいる男性たちがおかしいっと気づきました。幸い被害は夫のポケットに入れていた100€位の現金だけで...

反省点は二つある:

1) 無理して混む電車に乗ってはいけない

2)必要な時力づくでもその場を突破する

f:id:forqualitylife8:20180529235240j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529235154j:plain
f:id:forqualitylife8:20180529235244j:plain

 

 

スリのことで、その後逆に油断はなくなり、

素敵なオペラ座を見学したり......

f:id:forqualitylife8:20180530000956j:plain
f:id:forqualitylife8:20180530001026j:plain

 

セーヌ河クルーズに乗ったり......

f:id:forqualitylife8:20180530001250j:plain
f:id:forqualitylife8:20180530001118j:plain

 

夜のパリも楽しんだりして、旅が続く......

f:id:forqualitylife8:20180530001746j:plain
f:id:forqualitylife8:20180530001751j:plain

 

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半1 長旅の長~いスタート

昨年秋からのワンワールドのファーストクラス一周券を使う旅もようやく完了となりました。

所用ができ後半の旅程を一部変更せざるをえなかったが、「高級ホテル宿泊記」 のRichNagoya様に教えていただき、旅程を図にしてみたら、一部列車の移動を含め、後半も結構廻りました。 

 

f:id:forqualitylife8:20180524232839j:plain

 

一、幻のハローキティジェット機

 一周券の後半旅程はロンドン(LHR)からですが、EVA航空のサンリオ特別塗装機に乗りたい一心で、本来なら12時間位で行けるヨーロッパをわざわざ香港、台北で2回乗換をし、合計24時間近くをかかった遠回りのパリ着の旅程を組みました。

しかも、すでに持っている片道の航空券を使わず、9万マイルを使って別途日本~欧州の往復券を取りました。

しかし......満を持して香港空港で搭乗手続きをする時やっと分かりました!!!

なんと3月25日から台北―パリ間(BR087/BR088)の機材が台北―ロサンゼルスに変更されました。

 あぁぁ!無念!

 

f:id:forqualitylife8:20180525001844j:plain

 

 

 二、EVA航空は評判通り素敵

 今回は香港~台北台北~パリの2レグを乗り、2回ともボーイング777-300ERのノーマル塗装機材の「ロイヤルローレルクラス」ですが、結論から言うと素晴らしいフライトでした。

1.機材は新しくて綺麗

ノーマル塗装でもやさしい色合いが使用されており、近距離の機材は薄グリーンで、長距離の便では落ち着きのある濃紺であり、夜のライトアップはセンスよく、清掃は隅々まで行き届き、機内はとても快適でした。

f:id:forqualitylife8:20180525003105j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525003113j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525003121j:plain

 

2.食事のレベルは最高

EVAの機内食を絶賛されている旅の上級者が多いですが、特に鼎泰豊監修の中華メニューは、機内食とはいえ、個人的な感想では日本国内の実店舗よりはるかにレベルが高いです。

この蓋をした茶椀にある牛肉スープは写真を撮ることに気づく時すでに完食してしまったほど、絶品です。

ワンタンメンの後ろに隠されている「よだれ鶏」に至っては、もう一回乗って食べたい位旨かったです!

f:id:forqualitylife8:20180525004305j:plain

 

 3.地上も機内も、サービスが行き届いている

 

台湾流のサービスは日系の過剰な丁寧さとサバサバしすぎる欧米系の中間位で、必要な時はすっと現れ、不要な時はそっとしていて、心地いいです。

 

アメニティのリモワはセンスよく、パジャマセットのデザインと素材とも他社のファーストクラスに遜色なく、嬉しいです。

 

今回は乗換の香港で5時間近くあり、EVAはどんなラウンジかなと気になっていました。

香港まではANAだったため、香港空港で乗り換えのセキュリティチェック前、まずEVAのカウンターへ行き、ラウンジ招待状を貰う必要があります。

結論から言うと、スタアラ系列の三つのビジネスラウンジは全部使えます

香港空港のラウンジは総じて質はいいが、せっかくなので今回はスタアラのラウンジをはしごしました。

 

シンガポール航空のシルバークリスラウンジ

窓がない分眺望はないが、広いです。なぜか一番人が多く、本場の味のラクサをいただき、「豆花」という温熱豆腐プリンのようなデザートも美味しかった!

f:id:forqualitylife8:20180525010321j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525010336j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525010342j:plain


タイ航空のロイヤルオーキッドラウンジ

入口のデザイン以外、それという特徴も気合いも感じないが、静かです。タイ風のものはココナツアイス位かな。

f:id:forqualitylife8:20180525010856j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525010659j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525010912j:plain



ユナイテッド航空のユナイテッドクラブ

米国系らしく、広々とした立派なエントランスに続き、格好いい構えです!

メインははなぜか和風ラーメン、一方、数人のアメリカ人利用者はポテトチップスを、私は充電のみ(笑)

f:id:forqualitylife8:20180525011436j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525011439j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525011441j:plain

 

 三、乗り換え時間の過ごし方

三回の乗換時間はどっちも出るには短すぎ、中にいるには長すぎたため、空港での待ち時間は案外長く感じます。

 

1.様々なラウンジも廻ってみる

なぜか通路に宙ぶらりされているような作られている.香港空港のアメックス センチュリオン利用客が多すぎで、あまり近未来感が感じないEVA航空台北桃園のThe Infinity、早々に閉店したThe Garden.....

 

f:id:forqualitylife8:20180525012503j:plain

 

 

2.制限エリアで良いものを発見

この枇杷の葉を主原料で製造されている咳止めシロップはおいしい上、効果もいいです。同じシリーズののど飴もずっとほしくて、香港空港の制限エリアにある薬局で見かけて、早速大量購入をしました。

 

f:id:forqualitylife8:20180525161338j:plain

 

3.空港内お店ぶらぶら

台北桃園国際空港に小さなキティコーナーがあり、図書室、本屋さんや映画館風の待合室などがあり、ぶらぶらしても飽きてこないです。

それでも時間が余り、乗り換えエリアに一軒だけのSPA兼マッサージ店で1時間のマッサージをしてきました。料金は1200台湾ドルで市内の同レベル店の約倍でした。

 

f:id:forqualitylife8:20180525162240j:plain

 

結局、念願のキティ機には乗れなかったが、パリに到着まで空港&フライトをかなり満喫しました。

バリからはしばらく陸移動の旅程なので、本当によかったです。

蘇州、上海の旅とホテルステータス事情

「愉楽にて」に惹かれ、蘇州へ

少し前に地元の団体が奮発して林真理子先生の講演会を開催しました。

幅広く贅の世界を知っている先生の話は楽しかったです。話の流れで日本経済新聞で連載中の「愉楽にて」の裏秘話もいくつか披露されました。

講演の際まだ公開されていなかった蘇州が舞台のストリー秘話を聞き、4月の江南庭園風景を恋しくなりました。

f:id:forqualitylife8:20180418223545j:plain

 

4月の蘇州は一際美しいです。新緑が透き通るように瑞々しく、水郷の川も静かに流れています。

f:id:forqualitylife8:20180418223929j:plain
f:id:forqualitylife8:20180418222755j:plain

 

こういう回廊で大人の恋の駆け引きが行われいるでしょうか?

f:id:forqualitylife8:20180418223510j:plain
f:id:forqualitylife8:20180418224138j:plain

 

この風情はやはり世界文化遺産の名にふさわしいです。

f:id:forqualitylife8:20180418234255j:plain
f:id:forqualitylife8:20180418224707j:plain

 

 

初のSPGアメックスでの宿泊

ここ数年スターウッド系のホテルをあまり利用していなかったが、せっかく新しくSPGアメックスを作って、上海では随分昔一度だけシンガポールで利用した「ル・メリディアン」系列のル ロイヤル メリディアン上海 (上海世茂皇家艾美酒店)を予約しました。

f:id:forqualitylife8:20180418230818j:plain

 

 SPGアメックスならホテルのゴールド会員となっていますが、チェックインの時初めてSPGのゴールドではラウンジが使えないことに気が付きました。

300元(5500円位)の追加料金を払えば使えますが、ここでは特にホテルにいる時間もなく、追加をしませんでした。

 
f:id:forqualitylife8:20180419085116j:image

 

このホテルはやや年代が感じるカジュアルな内装ですが、54階のディスカバリールームにアップグレードされ、窓からの眺望は素晴らしかったです。

特にアメニティのMALIN + GOETZというブランドは初めてですが、容量も通常のホテルサイズより一回り大きく、良質なハーブのいい匂いがします。

 

f:id:forqualitylife8:20180418230814j:plain
f:id:forqualitylife8:20180418230951j:plain

 

上海随一の繁華街ーー南京東路に隣接し、ロケーションも抜群です。

f:id:forqualitylife8:20180418232423j:plain
f:id:forqualitylife8:20180418232420j:plain


 

久々のJWマリオット上海(上海明天広場JW万豪酒店)

昨年マリオットのあるキャンペーンで1泊の無料宿泊を頂きました。

せっかくなので、久々の上海明天広場JW万豪酒店で泊まることにしました。

やはりマリオットは落ち着きますね。

1階の車寄せで預かった荷物をチェックインしている間に、もう部屋に入れてくれました。

いつのまにか上海のサービスレベルもここまでスマートになりました。

 

f:id:forqualitylife8:20180419161146j:plain

 

f:id:forqualitylife8:20180419154326j:plain
f:id:forqualitylife8:20180418234348j:plain
f:id:forqualitylife8:20180418235146j:plain



クラブラウンジ自体はルネッサス中山公園のほうが好みに合っていますが、JWの朝食レストランは量、質、サービスとも一流です!

 

f:id:forqualitylife8:20180419164858j:plain
f:id:forqualitylife8:20180419154010j:plain



アジア人の胃袋には、こういうヘルシー中華は最高です!

f:id:forqualitylife8:20180418235157j:plain
f:id:forqualitylife8:20180419160643j:plain

 

 

59階のクラブラウンジから螺旋階段を登ると、世界一高い図書館があります。

世界一かどうかはともかく、この図書館のインテリアは素敵です。ここに泊まる時は必ずこの部屋で少し読書の時間を作ります。

 

f:id:forqualitylife8:20180418235124j:plain
f:id:forqualitylife8:20180419160217j:plain



JWマリオットの周辺も散策のよいスポットがたくさんあります。朝食後の散策は楽しいです。

f:id:forqualitylife8:20180418234359j:plain
f:id:forqualitylife8:20180418234411j:plain

 


どうなるの?!SPGとマリオットの統合の行方


f:id:forqualitylife8:20180419161915j:image

 

 いままでマリオットのゴールドを地道に維持してきましたが、宿泊数に縛られず、楽にステータス維持をしようと思ってSPGアメックスを作った矢先、どうも変動がありそうです。

宿泊の時、やはりラウンジがあると便利です。一人旅の時は朝食付きもとてもありがたいです。希望はSPG Gold = Mariott Gold  =  Mariott Platinumですが、資格維持のために、無理矢理に25~49泊をすることはもうしないでしょう。

最も、必要な時少し追加料金を払い、クラブアクセスの部屋を予約すればよいことでしょう。

ぶっちゃけ!ホテルの会員ステータス

この頃のAI技術の発達は本当に凄まじいものがあります。
次の旅行のホテルなどを調べたり、予約等をしていると、ホテルチェーンのポップやメールがどんどん入ってきました。
陸マイラー関連のブログでも、ホテルのステータスもマイル修業同様に研究をし尽されている記事が多いです。
ホテルの会員ステータスについて考えてみました。

 

f:id:forqualitylife8:20180403223550j:plain

 

一、特定ホテルチェーンを利用するメリットとデメリット


マイルがらみの会員ステータスの獲得はやや本末転倒なようですが、同じホテルチェーンを多く利用すると、メリットは確かにあります。

同じ系列だど、施設の状況がよく分かり、旅先でも多少feels like homeで、安心です。

また付随した無料宿泊やアップグレート等の特典、特にクラブラウンジの利用権は宿泊時において何かと便利でお得です。

ザ・リッツ・カールトン香港の116階のクラブラウンジで、このような豪華なアフターヌーンティは無料で頂けるのはやはり嬉しいです。

 

f:id:forqualitylife8:20180409155207j:image

 

しかし、特定のホテルだとロケーションの制約があり、本当に旅の状況に合う場所ならいいですが、場合によっては立地が不便だったりして、結構面倒です。

個人差もあるが、同じ系列ばかりで安心した反面、マンネリ化が生じ、新たな発見、わくわくする旅の楽しみも減ることがあります。

 

二、31,000円(税抜)のマリオットゴールド会員権

マリオット系はいままで公私ともにかなり利用し、地道にゴールド会員権を維持しています。

多少のキャンペーンもあり、年間50泊とはいかなくても、結構無理して利用することも多かったです。

陸マイル関連で、手厚い紹介特典のあるSPGカードの関連記事を読んでから、もう地道に資格維持のモチベーションが一気に衰えてしまいました。

とうとう『禁断の果実』に手をだしました!

いまさらSPG ?!   

法人ゴールドの紹介で申込し、なんとその場で審査完了、カード発行となりました(笑)。

 
f:id:forqualitylife8:20180409165945j:image

 

 三、ついでに、3,800円(税込)のヒルトンダイヤモンドも(爆)

ここまできたら、もう怖いものはありません。

今度のヨーロッパでは立地が便利なヒルトンがあります。

ヒルトンもいままでなんとかのクレカで「ヒルトンHオナーズ」のゴールド会員権がついてきていますが、ラウンジ権はなく、特に利用する必要もありませんでした。

しかし、ダイヤモンド会員権となると、魅力は大きいです。

本来なら『1年間に30回滞在か60泊』の条件ではまず無理だが、

会員ステータスのノウハウの最終仕上げは、3,800円(税込)のヒルトンダイヤモンドでした!(爆)

ログインをしたら、ステータスは確かにダイヤモンドに変わりました。

詳細は次の旅で検証します。

 

f:id:forqualitylife8:20180404103931j:plain

 

追記:世の中には素敵なホテルがたくさんある

大手ホテル系列の会員特典プログラムは魅力的ですが、そもそも旅の楽しみとして見識を広め、新たな発見をする目的もあるので、大手系列に属していない素敵なホテルを体験することも旅の楽しみになります。

ホテル系列の特典に縛られず、テーマのあるホテルの数々を思い出すと......

 

湖を丸ごと所有する豪華お城のようなカナディアンロッキーのFairmont Chateau Lake Louise

 

f:id:forqualitylife8:20180404215449j:plain

 

まるで中世美術館のようなサンティアゴ・デ・コンポステーラのバラドールParador de Santiago - Hostal Reis Catolicos

 

f:id:forqualitylife8:20180404222059j:plain

 

ロッコのサラハ砂漠にある砂のお城のようなホテルAuberge du Sud

 


f:id:forqualitylife8:20180409154927j:image
f:id:forqualitylife8:20180409155010j:plain
f:id:forqualitylife8:20180409154948j:plain

 

そして次の旅ではクロアチアで往年の豪華列車「オリエント急行」ゆかりのEsplanade Zagrebに泊まることを楽しみにしています。