http://ping.blogmura.com/xmlrpc/7n72yqypdlk7

一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

どっちがお得?海外発券の航空券と特典航空券

海外へ出かけると、いつもあれもこれも行きたい場所が増え、用事も増えます。
通常の往復航空券では間に合わないことが多いです。
日本国内でマルチ旅程の航空券は高額な上、特に長期休暇に重なると予約自体が難しいです。
余談だが、最近日本の航空会社の予約電話は信じられない位繋がりにくくて、不便です。

ネット発券もどんどん便利になり、この頃大型連休になると、海外発券の航空券をよく利用します。

海外発券航空券のメリット

1、とにかく安い!

今回の年末年始はタイへ行きましたが、上海発着のタイ航空全ビジネスクラスで上海~バンコクプーケットバンコク~上海、計4フライトで諸費用込みで20万円弱でした。
f:id:forqualitylife8:20180117160553j:plain

2.変更手数料も格安

ctripというサイトを利用していたが、途中一回フライトの変更をしたが、変更手数料はわずか100元(1800円?)位でした。
すべてネットで完結できるので、言葉が通じない心配も不要です。
f:id:forqualitylife8:20180117160709j:plain

3.発券先はどこでもサービスは同じ

バンコク乗換の時、国際線の場合はFクラスなら1時間の無料マッサージサービスは有名で大好評ですが、実はCクラスでも30分の無料サービスがあります。
無料マッサージの場所は初回の場合はやや分かりにくいですが、Royal Orchid Spaという専用ラウンジで実施されています。
もちろん今回のような海外発見の格安航空券も同様に使えます。
f:id:forqualitylife8:20180117162402j:plain

4.マイレージもちゃんと付く

言うまでもないが、どこで発券をしても、航空券の種別によってマイルは同じです。
今回のタイ航空でJALマイルが結構増えました。
f:id:forqualitylife8:20180117160412j:plain 

海外発券航空券のデメリット?

いまのところは特に感じたことはないが、何かトラブルがあった時の対応でしょうか?
しかし、トラブルの時は代理店よりやはり航空会社と話をするのは早いし、
どうしてもダメな場合は、海外旅行保険のお世話になるしかないでしょうね。

特典航空券のメリット

いろなん方法でマイルを溜まる一番の魅力は、タダで飛行機に乗れる特典航空券に尽きることでしょう。
しかもその特典航空券は無料(諸費用は別だけど)だけではなく、ほかにもメリットがあります。
f:id:forqualitylife8:20180117160821j:plain

1.有効期限が長い

今頃の航空券は、正規運賃のものでも、たいがい期間が短いです。格安なものとなると、1か月位しかない物がほとんどです。
特典航空券の有効期間はなんと1年間があります。

2.変更や取消の自由度が高い

諸費用の再計算や時期によってのマイル精算はあるが、同じ経路なら日程の変更がほぼ無料です。
なんらかの事情で使用前なら、3000マイルだけで取消もできます。

3.高嶺のFクラスが乗れる

Fクラスなどあまり割引がないが、購入となると100万円以上はかかるので、普通の人は自前で買って乗るには躊躇があります。マイルで特典航空券を利用するなら、10万マイル程度で乗れます。陸マイラーなら10万マイルは難しくありません。

** 特典航空券のデメリット?

安い分、いくつかの面倒点があります。
まずは予約がとくかく難しいです。お金をかけない分、労力がかかります。
また航空券は無料だが諸経費は案外高いです。
日本発券が高いこともあるかもしれないが、昨今燃油チャージの高騰で、最近取れた特典ビジネスの欧州便は、諸費用だけで5万円ほどかかります。

セゾンの永久不滅ポイントをマイルに!

2018年の幕開けに、陸マイラー初心者の私にも衝撃がありました。

ソラチカルートの終焉が意外に早く訪れることに驚くました。

陸マイラーのスタートにポイントほしさで作った様々なクレカポイントも早急に交換をしないといけなくなりました。

新しく作ったセゾンのビジネスカードに不慣れな永久不滅ポイントがつき、残高を確認したら、2300ptが貯まっていました。早速交換方法を探してみました。

1.ANAでも、JALでも、直接交換ができます。

さすがに大手クレカで、幅広く交換の提携があります。

直接マイルへの交換も簡単にできますが、

その場合、ANAなら、200pt=600miles

                  JALなら、200pt=500miles

一見交換率はそれぞれ3倍、2.5倍はあったが、ちょっと待って!セゾンの永久不滅ポイントは1,000円につき1ptだそうで、1ptの価値は通常クレカptの10倍はあるので、直交換は損です。

f:id:forqualitylife8:20180117150008p:plain

 

2.中継サイトのドットマネーを発見!

同じく2018年3月末までの期間限定ですが、交換メニューにおなじみになった中継サイトがありました。

ドットマネー経由なら、100pt=500ドットマネーpt=450 mails

直交換の200pt単位なら、200pt=1000ドットマネーpt=900miles

ポイントサイト経由なら、ANAマイルしかできなくなるが、

200pt毎に900-600=300milesが多くもらえます。

 

f:id:forqualitylife8:20180117150702p:plain

 

3.交換手順

  お得な分、やはり手間がかかります。

  手順1:セゾンNetアンサーの「永久不滅ポイント確認・交換」でドットマネーギフトコードを発行してもらう

  100pt単位の発行なので、今回は2300ptがあり、合計23個のドットマネーギフトコードが発行された。 

f:id:forqualitylife8:20180117151307p:plain

 

 手順2:ドットマネーのサイトでチャージする

発行された「ギフトコード」を、丁寧に一件ずつコピペーをし、ドットマネーにチャージします。

f:id:forqualitylife8:20180117152107p:plain

かなり地味で、面倒な作業ですが、23件の「ギフトコード」をチャージが終え、ドットマネーのptが一気に23*500=11500ptに増えました。

 

早速「メトロポイント」へ交換し、数か月後ANAマイルは約10350milesが増えることでしょう。

 

 

Fクラスで世界一周の旅記録2 紅葉を求めてカナダを大横断(その3)

1.ナイアガラ滝はいつも幸せなムードがいっぱい

トロントに戻ったら、相変わらずの大晴天です。この時期にしては珍しく毎日暖かくて、せっかくなので、車で1時間ほどドライブをしたら、もうナイアガラ滝です。

f:id:forqualitylife8:20171130131615j:plain

 

世界の三大滝では、全てにおいてナイアガラ滝がダントツ一番便利です。いままで家族旅行で何度か来ていたが、この街では滝を中心に商業施設、ホテル、レストラン、公園などが完備された上、滝周辺の遊歩道も明るくて綺麗、街全体がとにかく陽気で、いつも幸せなムードが漂っています。

f:id:forqualitylife8:20171129175824j:plain

 

有名な遊覧船の「霧の乙女号」は今回「ホーンブロワー・ナイアガラクルーズ(Hornblower Niagara Cruise)」になり、お揃いの赤いレインポンチョに着替えたら気分も高まりました。

f:id:forqualitylife8:20171129180011j:plain

 

昼になって日差しはもう夏のように暑く感じ、スカイロン・タワー(Skylon Tower)、 アイマックスシアター( Imax Theatre)も回り、さらに足を延ばしナイアガラ・オン・ザ・レイクへ向かって、その沿道にあるワイナリー巡りもまた魅力的でした。

f:id:forqualitylife8:20171129180241j:plain

 

f:id:forqualitylife8:20171130132149j:plain

 

アルコールはあまり得意じゃないが、アイスワインの試飲だけはなぜか好きです。ワイナリーでは大概有料の試飲メニューがあり、数十ドルで何種類のワインを少しずつテスティングをし、各々のボトルに纏わる話を聞きながら、様々な味わいを楽しむゆったりした時間が、心地よいです。

 

2、カナダ大陸を横断し、バンクーバー

東部ではトロントからケペック・シティの往復で、約2000キロの大陸移動でした。

バンクーバー発のキャセイFクラスに乗るため、まずはトロントから空路でバンクーバーへ移動しました。

 今年は異常気象のためか、東部より西部のほうが早く寒くなり、バンクーバーの紅(黄)葉がちょうど見頃になっていました。

f:id:forqualitylife8:20171130160124j:plain


f:id:forqualitylife8:20171130160247j:plain

 

f:id:forqualitylife8:20171130131826j:plain

 

ついでに友人たちに会い、香港よりも本格的な広東料理を頂きました

f:id:forqualitylife8:20171129181106j:plain

 

3.カナダの楽しみーーラグジュアリーホテル系列のフェアモント

ケペック・シティで利用したロケーション抜群のFairmont Le Château Frontenac(フェアモント ル シャトー フロントナック)だが、このホテル系列はアジアではあまり見かけないが、大昔、LAのサンタモニカでも一度だけ泊まったが、この夏カナディアンロッキーへ旅行した時に、カナダでは案外大繁盛されていることに気が付きました。

雰囲気的には「リッツ」をクラシックされ、豪奢な欧州風が加味された感じです。

 

バンフの由諸正しい名門:Fairmont Chateau Lake Louise(フェアモント シャトー レイク ルイーズ)

ルイーズ湖を敷地に所有されているこのお城のようなホテル。早朝の散策はもう映画のワンシーンのように素晴らしいが、残念なのは昔からの造りで、部屋にはエアコンがなく、温暖化が進んだこの夏では暑さでとてもあのふかふかのベットで眠れず、窓辺のカウチで夜を過ごした悲しい記録が残されてしまいました。

f:id:forqualitylife8:20171116174730j:plain

 

ジャスパーにある全室ヴィラ風の Fairmont Jasper Park Lodge(フェアモント ジャスパー パークロッジ)

敷地の中ではゴルフカートで移動し、名前の通り広大な公園に点在する全室ヴィラの豪華なリゾートホテルです。

f:id:forqualitylife8:20171129182218j:plain

 

バンクーバー空港にある超便利で豪華な空港ホテルFairmont Vancouver Airport(フェアモント バンクーバー エアポート)

バンクーバー空港のターミナルにあるこのFairmontはもはや空港ホテルの最高峰と言えるでしょう。

トロントから夜行便で着き、深夜で外は雨だったが、荷物をカートンに乗せ、明るくて綺麗なターミナル中で歩いていけるので、本当に便利です。

深夜なのに、5つ星に相応しく、ターミナルフロアの入口で予約客を迎える係員が待機していました。 

f:id:forqualitylife8:20171116174706j:plain

 

内部も完璧なフェアモント仕様で、空港なのに何泊もしたくなるホテルです。

f:id:forqualitylife8:20171116174819j:plain

 

 

一撃!15,000p ネスカフェ アンバサダーでポイントを獲得する実録

げん玉というポイントサイトで期間限定の高ポインド案件を発見しました。


f:id:forqualitylife8:20171117190122j:plain



ネスカフェは普段でも飲んでいるので、早速cookieの確認を万全にし、申込を開始しました。
広告の画面が移ったら、すぐネスレ会員の情報が必要がなり、まずは会員登録をしました。
✤重要✤ このネスレアミューズで登録したメールアドレスとパスワードが大事なので、必ず控えてください。


f:id:forqualitylife8:20171117173852p:plain



登録したアドレスに早速ネスカフェ アンバサダー ウェルカムセンターより「御礼とご確認」というタイトルのメールが届き、中には「ハッピーコール」という後日電話で案内する説明も丁寧に書かれています。
私の場合は、二日後、担当者から「ハッピーコール」がきました。発送先については特にこだわっていないようで、自宅利用の場合もお店兼用とかで口頭で申告すればまずは問題はなさそうです。
しかし、そこからの利用方法については結構大事なので、担当者が電話口で手順をひとつずつ丁寧に説明してもらいながら、進めたほうが無難です。

1、まずは先日登録したネスレ会員の情報でネスレアミューズでログインする

f:id:forqualitylife8:20171117175419p:plain


2.ポイントサイト経由の場合はすでにアンバサダーの申込は完了したので、ここはメニュー2段目のネスカフェ アンバサダの方はこちらを選ぶ

f:id:forqualitylife8:20171117175813p:plain


3.またまたカラフルで選択肢多彩なページですが、ここで一番上にあるオンラインショップを選択

f:id:forqualitylife8:20171117180300p:plain


4.定期購入のコースを一つ選択することは必須なので、いずれも一定金額未満なら送料がかかるので、結局一番長い3か月コースで送料無料の4,000円枠に設定


f:id:forqualitylife8:20171117180449p:plain


5.注文内容が確認できる画面に変わり、発送日はフォームで自由に決められるので、便利です。確認したところ、定期購入のコースも何回か継続する要件はないようです。

f:id:forqualitylife8:20171117181326p:plain


6.ここでもお届け先が変更可能なので、便利

f:id:forqualitylife8:20171117181623p:plain


7.支払は様々なカードも使えるので、ありがたい


f:id:forqualitylife8:20171117181757p:plain


8.これからのこと


数日後ポイントサイトで申込んだマシンと、オンラインショップで注文したものがいっしょに届きますが、実はこのマシンはレンタルという形になっており、定期購入をやめる時、マシンを送料自己負担で返却をしなければいけません。

ポイントサイトで申込んだ時、別の特典でマシンか商品購入用2000ポイントの特典がついているようで、私がマシンを選びました。

今回はげん玉というサイトを初めての利用ですが、あとは順調にポイントが付けていただければ最高ですね!

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる!
   ~ポイントポータルサイト げん玉~

 ★ネットでお買いものするならげん玉がお得★

貯めたポイントは現金webマネーに交換できてお得♪

登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼

↑↑ここから登録するだけで250ポイントが貯まります!!



Fクラスで世界一周の旅記録2 紅葉を求めてカナダを大横断(その2)

オタワから州を超えれば、そこはもうケペック州です。

東へ進むにつれ、街並みもどんどんヨーロッパの雰囲気が濃くなり、街で交わした言葉もフランス語に変わりました。

1.教会の街モントリオール

モントリオールは教会の街という別名もあるようで、趣のある装飾が素敵な教会が多いです。真っ先に向かったのは旧市街にあるノートルダム大聖堂です。

f:id:forqualitylife8:20171115225000j:plain

 

ヨーロッパで様々な教会を拝見しているが、このようなブルーで美しくライトアップされた幻想的な雰囲気のところは初めてです。

f:id:forqualitylife8:20171114235230j:plain

 

エレガンドなエメラルド色の素敵な天井、ここでは思わずモントリオール出身のセリーヌ・ディオンのおとぎ話のようなラブストーリ-を思いだしました

f:id:forqualitylife8:20171115225549j:plain

 

その後モントリオールの最高地点にある聖ジョゼフ礼拝堂へ向かい、

f:id:forqualitylife8:20171115231339j:plain

 

奇跡の証として残されている杖がたくさんあり、

f:id:forqualitylife8:20171115231554j:plain

 

途中、幸運なことにバイブオルガンの演奏が始まりました。

f:id:forqualitylife8:20171115231848j:plain

 

旧市街までちょっと遠いが、泊まったダウンタウンシェラトンは結構良かった!

北米の友人は旧市街のフランス料理を薦めているが、私としては一路のFクラスやラウンジで連日フランス風もどしの食事ばかりで、わざわざ旧市街へでかけるより、ホテル近くのベトナム料理がうれしかったです。

f:id:forqualitylife8:20171115233001j:plain

 

特にこれでもかというコンセント類!一気に全部充電ができました。(笑)

f:id:forqualitylife8:20171115232449j:plain

 

2.まるでフランスのような街ケペック・シティ

 沿道適当に紅葉、黄葉を見ながら、どこでも態度の大きいカナダグースにあいさつをしながら、ケベック・シティに着いた。

f:id:forqualitylife8:20171114234829j:plain

 

f:id:forqualitylife8:20171114234807j:plain

f:id:forqualitylife8:20171114235257j:plain

 

すっかりフランスのどこかにいるような錯覚のする街並み、

f:id:forqualitylife8:20171114235001j:plain

f:id:forqualitylife8:20171114234922j:plain

 

どこでも絵になるような旧市街

f:id:forqualitylife8:20171116000551j:plain

 

またまたFairmont hotel

カナダに来たらFairmontが多いなと思います。夏にはバングで2か所、この次のバンクーバーでも、この一年ですっかりおなじみになりました。時々持ち帰る上質なRose 31の乳液の小さなボトルもだいぶ増えました。

f:id:forqualitylife8:20171116001547j:plain

f:id:forqualitylife8:20171116001733j:plain

 

ケベックのFairmont Chateauのロケーションは最高です。

特に魅力的なロウワータウンへはホテルからすぐなので、夜になってまたセレクトショップ巡りを楽しみに出かけました。

f:id:forqualitylife8:20171116000701j:plain

 

f:id:forqualitylife8:20171116000833j:plain

 

この風景は南仏でよく見かけていたな、懐かしい

f:id:forqualitylife8:20171116001014j:plain

 

名物のだまし絵までもあり、ケペック・シティはカナダのフランスという呼び名にピッタリな街です。

f:id:forqualitylife8:20171116001230j:plain

 

3.素敵なハローウィンシーズン

嬉しいことに、この時期街のあっちこっちに綺麗なハローウィン飾りが溢れています。

クリスマス飾りは期間が長く、海外で素敵な飾りつけを見る機会も多かったが、ハローウィンとなると、欧米でもこのように街全体が盛大に飾り付けることは珍しくて、色鮮やかなかぼちゃのゴールドにかかったオレンジ色が本当にきれい!

f:id:forqualitylife8:20171114234959j:plain

 

役所の周辺なら一周丸ごと飾られ、

f:id:forqualitylife8:20171115234804j:plain

f:id:forqualitylife8:20171115234826j:plain

 

SNS映えもしっかり考慮された?壮大なフレームオブジェ、

f:id:forqualitylife8:20171116000035j:plain

 

ちょっと怖いけど、大がかりなかかし人形もあっちこっち、

f:id:forqualitylife8:20171115235432j:plain

 

夜でもいいムードになるかぼちゃのデコレーション!

f:id:forqualitylife8:20171116000121j:plain

 

f:id:forqualitylife8:20171116000221j:plain

 

Fクラスで世界一周の旅記録2 紅葉を求めてカナダを大横断(その1)

この時期では、カナダのトロントを起点に全長800キロの広大なメープル街道(Heritage Highway)で広大な紅葉見ができると思って、今回はまずトロント入りをしました。

ワンワールドでカナダまで行く便は限られています。今回はJFKからトロントまでDELTA航空を別途取りました。

十数時間の長いフライトでは全く疲れていなかったが、JFKで乗換をしたたけで一気にくたびれてしまいました。JAL着のT1からDELTA発のT4までの間に、一旦出入国に伴い、幾度も長蛇の列とダラダラしている非効率な空港スタッフで結構ストレスになりました。

 f:id:forqualitylife8:20171111225655j:plain

 

1、紅葉見はさくらの花見より難しい

東部の紅葉シーズンは例年だと10月上旬までだが、今年は特に異様に暖かいせいか、10月中旬になっても色つきは薄かったです。しかも雨風をはさみ、せっかく見頃になった葉っぱもすぐ落ち葉になり、現地に住む友人も見るタイミングを悩んでいました。

結局トロント~ケペック、一路紅葉を追っかけるような旅となりました。

f:id:forqualitylife8:20171111231919j:plain

 

f:id:forqualitylife8:20171115074939j:plain

 2.カナダの「二都」巡り

フランスゆかりの深い東部の街を巡り機会はいままでなかったので、今回はまずトロントから古都のキングストンへ向かいました。さすがに首都だったか、壮観な建物が多かったです。

f:id:forqualitylife8:20171114225640j:plain

 

当時はきっと大活躍されていた蒸気機関車が静かにはるか昔の栄光を語っているようです。f:id:forqualitylife8:20171111232559j:plain

 

この時期では珍しく、まるで初夏のような暖かい日差しのある午後、サウザンド・アイランズ・クルーズに乗り、この伯爵が愛する奥様のために建てたお城のラブストーリーに浸り、

f:id:forqualitylife8:20171114230353j:plain

 

小さな橋でアメリカ領とカナダ領を繋がっているユニックな別荘を眺め、

f:id:forqualitylife8:20171114230820j:plain

 

このエリアには千以上の島があり、1000 islandsと呼ばていたが、個々の自然島は結構小さかったです。

同じく水辺に建てた物でも、アマルフィ海岸のような豪奢な別荘とも、南仏とジュネーブの間にあるレマン湖サイトの優雅な湖畔ハウスとも、ライン川沿いにある広大なお城とも異なり、水墨絵のような素朴さが漂っている静かな家々です。

f:id:forqualitylife8:20171114231255j:plain

 

現首都のオタワでは、映画のセットのような素晴らしい国会議事堂があり、今年はちょうどカンダ建国150周年で、夏のバンクーバーでもこのようなオブジェがありました。

f:id:forqualitylife8:20171114232407j:plain

 

オタワ川の対岸にある歴史博物館の屋外ガーデンから眺めた国会議事堂の後姿、最初は何かのお城かと思ったが、現地の友人に教えられて、ようやく気が付きました。

f:id:forqualitylife8:20171114232702j:plain

 

さらに素敵なカナダ歴史博物館。建物の建築から、中にある展示物まで全部魅力たっぷりで、1階ホール丸ごとで展示されている先住民のトーテムボールは圧巻でした。

f:id:forqualitylife8:20171114233331j:plain

 

リニューアルされたばかりの斬新なデザインの展示スペース、

f:id:forqualitylife8:20171114233351j:plain

 

素晴らしいフォームとデザインの外観、

f:id:forqualitylife8:20171115222656j:plain

 

一日いてもあきない屋外のテラスやガーデン、

f:id:forqualitylife8:20171114233916j:plain

 

 ちょっとした高いテラスに日本庭園(禅庭)も作られています。

f:id:forqualitylife8:20171115223233j:plain

 

 

Fクラスで世界一周の旅記録1 本当にスイートなJAL SUITE

ワンワールドの世界一周にふさわしい出発の便は羽田~ニューヨーク(JFK)のJAL SUITEでした。
一周券のため、その後異なる航空会社のFクラスを続けて乗っていたが、やはりJALほど気が利くサービスに会うことはありませんでした。
考えてみれば、航空会社のサービスレベルとは、結局そのサービスを提供する客室乗務員の国民性の違いではないかと思いました。

1.JAL機内食の盛り付けが素敵な理由

搭乗した便は乗客5名だが、乗務員が3名付いており、席に着いた早々、一人ずつ挨拶に来てくれました。
そこで食事担当の専門乗務員がいることが分かりました。どおりで食事の盛り付けが地上の懐石料理に遜色のない出来映えとなりました。

f:id:forqualitylife8:20171018023858j:plain

2、幻の「ブルーティ」の正体?

アルコール類はあまり飲まないので、Fクラスとなるともったいたいですが、今回はちょっとSALONをいただき、そして噂のブルーティをいただきました。その味わいからおそらくプーアル茶生茶をベースにしているではないかと思います。
日本でよく目にしたプーアルは色の濃い熟茶が多いが、生茶青茶とも呼ばれ、台湾では生茶を好む方も多いようです。

f:id:forqualitylife8:20171018024034j:plain

f:id:forqualitylife8:20171111214057j:plain

JALの食事メニューは結構紹介されていますが、ニューヨークまで12時間ほどの長距離フライトでは、実は最初の食事だけ和食か洋食の選択をします。
その後到着まですべてのメニューを好きな時自由に食べれるありがたい仕組みです。
お酒を飲まない分、『マリアージュ・フレール』のような素晴らしいお茶が好きなだけ飲めるのも幸せです。

f:id:forqualitylife8:20171018023356j:plain

3、上質なサービスこそはFクラスの醍醐味

Fクラスの搭乗記ではよく機材やメニューの紹介は多いが、とにかく機械音痴で毎回乗る機種の名前だけを控えるのは精いっぱいでした。
今回の773はボーイング777-300ERだそうです。

ブログが始まったばかりで、携帯で熱心に写真を撮ったら、「よろしければお撮りしましょうか」とすぐ声をかけてくれました。そのような細部まで気配りのある乗務員は欧米人にも期待するのはやはり無理があるでしょう。

アメニティのデザインは『ポルシェ』となりました。その車はあまり好きではないが、綺麗な赤色のそのポーチは恰好いいです。RIMOWAより横幅があり、しっかり目に作ったハードタイプで、使いやすいです。

f:id:forqualitylife8:20171018025836j:plain

サービスには大変満足で、食事担当の乗務員といろいろと雑談をし、きれいな盛り付けのプレートを特別に作って下さって、パジャマにも着替え、リラックスしたフライトでしたが、なぜか席のテレビの調子は悪かったです。テレビの時は隣の空席を使かわせてもらったが、最後になんとお詫びに15000マイルもいただきました。
マイルに熱意をもっているいまの私には本当にスイートなフライトでした。

f:id:forqualitylife8:20171111211459j:plain