http://ping.blogmura.com/xmlrpc/7n72yqypdlk7

一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

ヌーベルシノワ(新概念中華)と養老の滝の旅

ヌーベルシノワ(nouvelle chinois)という響きに惹かれ、東京だと人気でたぶん予約も取りにくいが、週末早速岐阜の名店開化亭へ向かった。
f:id:forqualitylife8:20170823133715j:plain
テレビでも時々取り上げられたが、到着した店舗の外観は意外と岐阜市役所近隣の一般宅のような佇まいだった。
ランチはコース制なので、無難に中間のコースを頼んだが、南部鉄器で入れられた鉄観音を一口飲めば、味のレベルがある程
f:id:forqualitylife8:20170823133424j:plain
ヌーベルシノワ(nouvelle chinois)とは、フランスからの造語で、中華をフランスコース風にするスタイルを指すようだが、開化亭の盛り付けはすごく派手ではないが、味はミシュランレベル!特に精選した季節の素材と丹念に取った中華シャンタンは素晴らしい。コースでいただいた貴重な早松茸とフカヒレのスープは絶品であった。
f:id:forqualitylife8:20170823133308j:plain
せっかくの岐阜なので、食事の後30キロほど走って養老の滝を寄った。
f:id:forqualitylife8:20170823133532j:plain
涼しげな緑とマイナスイオンがたっぶりな滝はこの季節には最高。
f:id:forqualitylife8:20170823200137j:plain
f:id:forqualitylife8:20170823133232j:plain
かなり険しい山道を登って、滝の上まで行ったが、広がる濃尾平野が一望でき、気分までさわやかになった。
f:id:forqualitylife8:20170823200229j:plain
f:id:forqualitylife8:20170823133337j:plain