http://ping.blogmura.com/xmlrpc/7n72yqypdlk7

一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

旅立ちは成田か羽田?空港とラウンジ

ワンワールドエクスプローラー・世界一周のスタートはJAL suiteです。

最初の目的地トロントまではニューヨークのJFK経由ですが、さすが日本のフラッグキャリアであり、JFK行きのJAL便は日に2便もあります。

成田からも羽田からも飛べますが、個人的には新しい羽田空港が好きです。


フランクミュラー365やMercedes me のようなコンセプトのあるカフェも地方ではなかなかお目にかかれません。

f:id:forqualitylife8:20171015220201j:plain


究極まで非日常的なモダンジャパニーズの世界を作り方出した羽田の国際ターミナルは、素敵過ぎてため息がでます。

f:id:forqualitylife8:20171017004624j:plain


機材音痴の私が飛ぶ飛行機はどうかと調べたら、両方とも773という機種でした。
しかし、調べてみてさらに驚きました。
Fクラスの正規運賃はなんと、なんと、1,928,000円もします!

f:id:forqualitylife8:20171016131936p:plain

世界一周券のお得さに改めて感動‼


羽田のファーストクラスラウンジもモダンジャパニーズを極めたような雰囲気でしたが、残念ながらSNSなどで美化されすぎ感が否めません。

海外に比べ、日本のラウンジはどこも質素に見えます。時々利用するANAビジネスのラウンジではいつも寂しく思います。品数が少ないだけではなく、時々大学食堂のように騒がしいです。

さずがにJALファーストとなると、「RED Suite」の空間は写真映えが良い、「JOHN LOBB(ジョン ロブ)」の職人の方は洒落たバーのマスターのように愛想もよかったです。
しかし、ハンドマッサージのサービスは終了し、ファミリーイナダ社製「3S匠」というマッサージチェアに代わり、名物の鉄板コーナーはカウンター鉄板のイメージをしやすいが、小さな調理鉄板でした。

f:id:forqualitylife8:20171017080309j:plain

利用資格はさずがに厳しい!昔もっていたJMBサファイアでは本人も利用不可となっているので、さらに今回Fクラスの一周券でお得になった気がします。