http://ping.blogmura.com/xmlrpc/7n72yqypdlk7

一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半1 長旅の長~いスタート

昨年秋からのワンワールドのファーストクラス一周券を使う旅もようやく完了となりました。

所用ができ後半の旅程を一部変更せざるをえなかったが、「高級ホテル宿泊記」 のRichNagoya様に教えていただき、旅程を図にしてみたら、一部列車の移動を含め、後半も結構廻りました。 

 

f:id:forqualitylife8:20180524232839j:plain

 

一、幻のハローキティジェット機

 一周券の後半旅程はロンドン(LHR)からですが、EVA航空のサンリオ特別塗装機に乗りたい一心で、本来なら12時間位で行けるヨーロッパをわざわざ香港、台北で2回乗換をし、合計24時間近くをかかった遠回りのパリ着の旅程を組みました。

しかも、すでに持っている片道の航空券を使わず、9万マイルを使って別途日本~欧州の往復券を取りました。

しかし......満を持して香港空港で搭乗手続きをする時やっと分かりました!!!

なんと3月25日から台北―パリ間(BR087/BR088)の機材が台北―ロサンゼルスに変更されました。

 あぁぁ!無念!

 

f:id:forqualitylife8:20180525001844j:plain

 

 

 二、EVA航空は評判通り素敵

 今回は香港~台北台北~パリの2レグを乗り、2回ともボーイング777-300ERのノーマル塗装機材の「ロイヤルローレルクラス」ですが、結論から言うと素晴らしいフライトでした。

1.機材は新しくて綺麗

ノーマル塗装でもやさしい色合いが使用されており、近距離の機材は薄グリーンで、長距離の便では落ち着きのある濃紺であり、夜のライトアップはセンスよく、清掃は隅々まで行き届き、機内はとても快適でした。

f:id:forqualitylife8:20180525003105j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525003113j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525003121j:plain

 

2.食事のレベルは最高

EVAの機内食を絶賛されている旅の上級者が多いですが、特に鼎泰豊監修の中華メニューは、機内食とはいえ、個人的な感想では日本国内の実店舗よりはるかにレベルが高いです。

この蓋をした茶椀にある牛肉スープは写真を撮ることに気づく時すでに完食してしまったほど、絶品です。

ワンタンメンの後ろに隠されている「よだれ鶏」に至っては、もう一回乗って食べたい位旨かったです!

f:id:forqualitylife8:20180525004305j:plain

 

 3.地上も機内も、サービスが行き届いている

 

台湾流のサービスは日系の過剰な丁寧さとサバサバしすぎる欧米系の中間位で、必要な時はすっと現れ、不要な時はそっとしていて、心地いいです。

 

アメニティのリモワはセンスよく、パジャマセットのデザインと素材とも他社のファーストクラスに遜色なく、嬉しいです。

 

今回は乗換の香港で5時間近くあり、EVAはどんなラウンジかなと気になっていました。

香港まではANAだったため、香港空港で乗り換えのセキュリティチェック前、まずEVAのカウンターへ行き、ラウンジ招待状を貰う必要があります。

結論から言うと、スタアラ系列の三つのビジネスラウンジは全部使えます

香港空港のラウンジは総じて質はいいが、せっかくなので今回はスタアラのラウンジをはしごしました。

 

シンガポール航空のシルバークリスラウンジ

窓がない分眺望はないが、広いです。なぜか一番人が多く、本場の味のラクサをいただき、「豆花」という温熱豆腐プリンのようなデザートも美味しかった!

f:id:forqualitylife8:20180525010321j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525010336j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525010342j:plain


タイ航空のロイヤルオーキッドラウンジ

入口のデザイン以外、それという特徴も気合いも感じないが、静かです。タイ風のものはココナツアイス位かな。

f:id:forqualitylife8:20180525010856j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525010659j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525010912j:plain



ユナイテッド航空のユナイテッドクラブ

米国系らしく、広々とした立派なエントランスに続き、格好いい構えです!

メインははなぜか和風ラーメン、一方、数人のアメリカ人利用者はポテトチップスを、私は充電のみ(笑)

f:id:forqualitylife8:20180525011436j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525011439j:plain
f:id:forqualitylife8:20180525011441j:plain

 

 三、乗り換え時間の過ごし方

三回の乗換時間はどっちも出るには短すぎ、中にいるには長すぎたため、空港での待ち時間は案外長く感じます。

 

1.様々なラウンジも廻ってみる

なぜか通路に宙ぶらりされているような作られている.香港空港のアメックス センチュリオン利用客が多すぎで、あまり近未来感が感じないEVA航空台北桃園のThe Infinity、早々に閉店したThe Garden.....

 

f:id:forqualitylife8:20180525012503j:plain

 

 

2.制限エリアで良いものを発見

この枇杷の葉を主原料で製造されている咳止めシロップはおいしい上、効果もいいです。同じシリーズののど飴もずっとほしくて、香港空港の制限エリアにある薬局で見かけて、早速大量購入をしました。

 

f:id:forqualitylife8:20180525161338j:plain

 

3.空港内お店ぶらぶら

台北桃園国際空港に小さなキティコーナーがあり、図書室、本屋さんや映画館風の待合室などがあり、ぶらぶらしても飽きてこないです。

それでも時間が余り、乗り換えエリアに一軒だけのSPA兼マッサージ店で1時間のマッサージをしてきました。料金は1200台湾ドルで市内の同レベル店の約倍でした。

 

f:id:forqualitylife8:20180525162240j:plain

 

結局、念願のキティ機には乗れなかったが、パリに到着まで空港&フライトをかなり満喫しました。

バリからはしばらく陸移動の旅程なので、本当によかったです。